ケアマネージャーの魅力

ケアマネージャーイラスト「ケアマネジャー(略称ケアマネ)」は、「介護支援専門員」とも呼ばれていますが、介護保険法で定義された業務を行う国家資格で、介護保険制度の中心的な役割を担っています。

ケアマネージャーの具体的な業務内容は、介護保険利用者の中で要支援・要介護と認定された人に対して、介護支援計画(ケアプラン)を作成し、それに基づく各種介護サービスを実施する事です。また、介護全般に関する相談や援助、介護保険の給付管理等も行います。

ケアマネージャーの試験自体は、殆どがマークシート方式で合格率も20%前後と、さほど難しいものではありませんが、受験資格が決められていますので、注意してください。

ケアマネージャーの受験資格は、介護師、介護福祉士など、保険・医療・福祉分野における指定の資格を持ち、5年以上かつ実働900日以上の実務経験を有する者。または、所定の福祉施設での介護等に10年以上の従事経験を有する者となっています。

また、ケアマネージャーとして活動するには、試験に合格後、指定の実務研修を受け「介護支援専門員証」の交付を受ける必要があります。


ケアマネージャーには、このようにかなり厳しい条件をクリアしなければなりませんが、非常にやりがいのある専門性の高い仕事であり、医療・介護・福祉の分野では今後ますます重要とされる資格です。


また、この資格は現在でも各方面からのニーズが高く、転職や再就職にもかなり有利になります。


ケアマネージャーの通信講座案内

ケアマネージャーの資格は、介護・医療・福祉の分野で働く女性の方にはキャリアアップのためにも是非取得して欲しい資格です。通信講座を利用すれば、働きながら学ぶ事もでき、資格取得も夢ではありません。


◆「シカトル」は、介護・福祉・医療専門の資格情報サイトです。 ケアマネージャーの通信講座案内のほか、複数のスクールの講座案内を無料で一括資料請求することができます。






将来のために、通信講座で学んでみたいけど、こんな講座あるのかな?・・・という女性の方は、「総合資格ナビ」をのぞいてみてください。ここならきっと見つかります。


>>全国の資格取得講座・スクール情報が満載。今すぐ資料請求! >