フードコーディネーターの魅力

フードコーディネーターイラスト「食」に興味がある方、料理が好きな女性の方には、フードコーディネーターの資格取得がおすすめです。
フードコーディネーターとは、食の歴史や文化、メニューの企画・構成・演出、店舗のマネジメントまで、食にかかわる幅広い分野で活躍するスペシャリストのことです。雑誌の料理ページやテレビの料理番組でも、調理の手順や器、盛り付けやテーブルコーディネートまで、トータルな演出にかかわるのが、フードコーディネーターです。


フードコーディネーターの資格取得者は、時代のニーズをとらえた幅広い知識が必要とされますが、外食産業や食品メーカー、小売・販売業、百貨店、公共機関など、フード関連のさまざまな分野で活躍する事ができます。また、フード関連の雑誌やテレビなどで、フリーで活躍する人もいます。

フードコーディネーターになるためは、調理の知識や技術、企画の立て方、写真撮影の知識やテーブルセッティングなどの幅広い知識が必要になります。そのためには通信講座で学ぶ他、スクールに通う方法もあります。


フードコーディネーターは、実力をつけてフリーとして独立する人も多く、スクール講師として活躍したり、料理教室を開く事もできます。
また、調理師免許や栄養士の資格も合わせて取得しておけば有利になります。



フードコーディネーターの資格試験

フードコーディネーターになるには、日本フードコーディネーター協会が主催する「フードコーディネーター資格認定試験」を取得する必要があります。
フードコーディネーターの3級資格認定試験は毎年秋に実施されています。3級試験合格者は、2003年からプロの登竜門として実施されている「2級資格認定試験」を受験する事ができます。





「総合資格ナビ」からは、各種資格取得のための通信講座や全国のスクール情報を検索したり、無料の資料を請求できます。フード関連資格もあります。








通学講座で学んでみたい方はこちらから