ファイナンシャルプランナーの魅力

ファイナンシャルプランナー(Financial Planner)は、略して「FP」と呼ばれますが、最近急激に人気の出てきた国家資格です。
ファイナンシャルプランナー(FP)の仕事は、日本FP協会によると「生活設計のアドバイザー」と定義されていますが、顧客の将来の夢・目標を達成するための、生活設計の提案などをするのが、主な仕事です。


超高齢化社会を迎えて、長い老後をどのように生活していったらよいか、誰しも将来に不安を抱えています。年金だけで生活して行けるのか、貯蓄計画や効率的な資産運用は?住宅ローンはどうしたらよいか、住宅のリフォーム資金はどのくらい必要か、相続対策はどのようにしたら良いか・・・など個人ではなかなか解決できない問題が横たわっています。


そんな時、身近にファイナンシャルプランナーがいれば、現在の収入や貯蓄、金融資産などの情報を総合的に分析し、長期的な視野からアドバイスが受けられます。
ファイナンシャルプランナーは、今後ますます必要とされる資格と言えます。



ファイナンシャルプランナーの資格は、通信講座で学んだ後、資格試験に合格する事で取得する事ができます。資格取得後は、将来の独立開業に向けて銀行や証券会社、保険会社、金融関係の企業などに就職して、実践力をつけ、人脈を広げておきましょう。すでに人脈が多く、営業力のある女性の方はフリーで活躍したり、事務所を構えて独立開業する事ができます。またこの資格は、自分自身のライフプラン設計にも役立ちます。

ファイナンシャルプランナーの通信講座

「ファイナンシャル・プランニング技能士(FP技能士)」の称号は、国家検定試験である「FP技能検定」に合格した場合に与えられます。現在、「FP技能検定」の実施団体は、社団法人金融財政事情研究会とNPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会の2つがあります。FPの3級試験は社団法人金融財政事情研究会のみが行っており、CFPとAFPの資格試験は、NPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が行っています。

ちょっとややこしいかも知れませんが、下記にご紹介のFP通信講座はFP3級試験に合格していなくても、FP2級技能検定を受けられるようになっています。

〔ユーキャンのファイナンシャルプランナー(FP)通信講座〕

ユーキャンのファイナンシャルプランナー(FP)通信講座は、日本FP協会の認定研修を受講し、提案書を提出して基準点をクリアすれば、2級FP技能検定試験(兼 AFP資格審査試験)を受験する事ができます。

ユーキャンのファイナンシャルプランナー通信講座の標準学習期間は6ヶ月ですが、都合により6ヶ月で終了できなかった場合、面倒な手続きなしに受講開始から12ヶ月まで延長する事もできます。
テキストは日本FP協会の「FP学習ガイド」に準拠した内容になっていますので、短期間での合格がねらえます。(1日1時間以内の学習で消化できるカリキュラムが組まれています。)イラストやグラフを使用して分かりやすく解説されているので、初めてファイナンシャルプランナーの通信講座を受講する方にも理解しやすい内容になっています。
また、受講中にわからないところがあった場合は、メールやファックス、郵便などで質問する事ができ、サポートも万全な体制が整えられています。

ファイナンシャルプランナーの通信講座について、迷っている方、もう少し詳しく知りたい方は、下記から無料の案内資料を請求してみましょう。


◆「総合資格ナビ」からは、ユーキャンや、その他の講座の無料案内資料を請求することができます。


◆ECCのファイナンシャルプランナー通信講座も充実しています。