介護事務の魅力

高齢化社会が加速する中で、ますます必要とされる資格のひとつが「介護事務」です。
介護事務の仕事は、病院や施設などで介護事業の運営に不可欠な「介護報酬請求業務」をメインに、多忙なケアマネジャーのサポートや、書類作成、他事業所との連絡業務、電話応対などを行います。その他、介護サービスの売上の集計や管理、ホームヘルパーさんの勤怠管理など、介護保険に関するさまざまな事務を行います。


介護事務は、デスクワークを中心とする仕事でもあり、細かい書類作成を得意とする女性にピッタリの資格といえます。



介護事務の資格取得者を必要とする職場は、各種病院、介護保険施設、訪問介護ステーション、在宅介護サービス、在宅介護支援センターなどたくさんあり、高齢化が進む社会の中で今後もますますニーズが高まることが予想されます。

介護事務管理士の試験は受験資格は必要ありませんので、実務経験、年齢、学歴などにかかわらず誰でもチャレンジすることができます。また、介護報酬請求の書式や業務は全国共通のため、全国どこでも職場を見つけやすいというメリットもあります。

介護事務の通信講座

ユーキャンの「介護事務通信講座」は1日45〜60分程度の学習で、わずか4ヵ月で介護事務の知識と技能を身につけることができます。3冊のメインテキストは、イラストや図解で初めての方でも理解しやすいように工夫されています。
「レセプト作成」の演習は、手書きで学べるため、レセプトの仕組みがよく分かり、実務感覚が養うことができます。受講開始から1年間は、実務でも使える最新版の「サービス単位改定に関する追補」を届けてくれるので安心です。

ユーキャンの「介護事務通信講座」は、公式サイトから無料の案内資料を請求できます。




「シカトル」では、介護・医療・癒しの資格を一括で資料請求(無料)することができます。