製菓衛生士の魅力

子どもの頃からお菓子屋さんやパン屋さんになりたいという夢を持っている女性の方も多いことでしょう。そんな夢を叶えてくれる第一歩となるのが「製菓衛生師」の資格です。

製菓衛生士の資格は、特に女性に人気があり、全体の資格取得者のうち、4割を女性が占めています。

製菓衛生士の資格がないとお菓子やパンが製造できないという決まりはありませんが、お菓子やパンのショップを持ちたいという夢を実現するためには、是非取得しておきましょう。


現在は、消費者ニーズがかなり多様化しており、食品の安全性の確保や添加物の知識、衛生管理や的確な保管法などの知識が必須となっているからです。


資格を取得する事により、ショップの信用度が高まり、運営していく上でも有利になります。


お菓子屋さんやパン屋さんとして独立開業を目指す場合は、製菓衛生士の資格取得とともに、資金を貯めたり、店舗物件を探すなどの計画を少しづつ進めておきましょう。

また、製菓衛生士の資格取得者は、ショップ以外にも自宅で生徒を集めてお菓子作りの教室を開いたり、スクールの講師として活躍する事もできます。


製菓衛生士の通信講座

製菓衛生士の試験は基本的な事を理解していればさほど難しくはなく、合格率も60%パーセントから80%となっています。
ただし、受験資格が次のいずれかになっているので、注意してください。
(1)厚生労働大臣が指定した製菓衛生士養成施設で、1年以上勉強し、技能や知識等を修得した者。(厚生労働大臣指定の養成施設は全国にあり、昼間のコースが1年、夜間のコースは1年半で卒業できます。)
(2)中学校、外国人学校中等部卒業者で、2年以上菓子製造業に従事した者。


受験資格に該当したら、通信講座で試験への準備を整え、チャレンジしてみましょう。



〔製菓衛生士の通信講座〕

製菓衛生士の通信講座は、こちらから無料の案内資料を請求できます。


>>gooスクール





日本創芸学院のお菓子作り講座もおすすめです。