司法書士の魅力

司法書士の国家資格は、弁護士に次ぐ難関資格と言われますが、受験者数は年々増加しています。法律関係の資格であるため、男性向きの資格と思われがちですが、受験者数の25%は女性です。


司法書士の業務は、家を売買する時の不動産登記、会社を設立する時の商業登記が中心になりますが、他に少額訴訟の代理、知的障害者や高齢者の成年後見の業務、供託の事務手続き、消費者金融などの借金問題、自己破産、相続の問題、悪質商法による被害、クレジット・サラ金問題、離婚問題、簡易裁判所における訴訟代理などがあり、地域住民に密着した「町の法律屋さん」として頼られ、親しまれています。


司法書士は、このような煩雑な業務を的確にこなす事が求められるため、むしろ女性に向いている仕事と言えるようです。


司法書士の資格を取得するまでの平均学習期間は、2〜3年と言われ、かなりの難関資格ですが、それだけに資格取得後は、高い地位と高収入が期待できます。また、一度取得した資格は一生使う事ができます。

資格取得後は、管轄内の司法書士会の日本司法書士連合会に登録することにより、事務所を持ち独立開業をする事ができます。


司法書士の通信講座

司法書士の受験資格は、特にありませんので、年齢、性別問わず、誰でも受験する事ができます。しかし、平成20年度の合格率は3.4%とかなりの難関資格です。独学で勉強をするよりも、通信講座でポイントを抑えた効率的な学習をして行くほうが有利になります。


〔ユーキャンの司法書士・通信講座〕

ユーキャンの司法書士・通信講座は、学習の、進行具合に応じたパーソナル添削指導が魅力です。図解やイラストを用いたテキストも、難解な法律用語がわかりやすく解説されていますので、初めて司法書士の勉強に取り組む方にも理解しやすくなっています。
標準学習期間は15ヶ月ですが、受験開始から試験日までが標準学習期間に満たない場合は、翌年の試験月まで指導が受けられます。


◆「総合資格ナビ」からは、ユーキャンや、その他の講座の無料案内資料を請求することができます。




◆東京法経学院は、法律系資格取得のための講座・書籍・教材専門サイトです。


  ◇司法書士試験合格サイト 東京法経学院