サプリメントアドバイザーの魅力

「サプリメントアドバイザー」は、サプリメントや健康食品に関するアドバイスを行うための民間の資格です。

健康食品やサプリメントがドラッグストアやコンビニエンスストア、ネット通販などで気軽に購入できるようになった現代、正しい知識を持ったサプリメントアドバイザーが必要とされています。
2002年、厚生労働省は「保健機能食品等に係るアドバイザリースタッフの養成」についてのガイドラインを発表しましたが、その中で「多種多様な保健機能食品が流通するなか、消費者が自らの食生活や健康状態に応じた食品を、安全かつ適切に選択し、摂取するためには、これらの食品の成分や機能、活用方法などについて理解し、正しい情報を提供できる助言者が必要である」としています。


健康食品やサプリメントを摂取する人が増える中、正しい知識と情報を提供できるサプリメントアドバイザーは、健康食品業界や化粧品業界など、多くの企業で今後ますます必要とされることが予想されます。



サプリメントアドバイザーは、日本にでは、「日本ニュートリション協会」が認定するものと、「日本サプリメントアドバイザー認定機構」が認定するものとがありますが、受験資格や認定基準に違いがあります。

日本ニュートリション協会(Japan Nutrition Foundation、JNF)は、米国に本部を持つInternational Sports Nutrition Foundation(ISNF)と連携しており、完全通信講座制で申込みから認定まで、すべて郵送で行われます。2000年に設立された、日本で一番古い、認定制度の協会で生徒数4000人以上となっています。

日本ニュートリション協会の「JNFサプリメントアドバイザー認定講座」は、受講期間、受講資格に制限はありませんので、誰でも受講することができます。アメリカの栄養学を中心にサプリメントを販売する方の知識向上と、サプリメントを買う、消費者の知識を高めて、正しいサプリメントの取り方を学びますが、「JNFサプリメントアドバイザー認定講座修了者(全課題合格者)」に対し、「日本ニュートリション協会サプリメントアドバイザー」として米国INSFとJNFより認定・登録されます。

サプリメントアドバイザーの通信講座

日本ニュートリション協会の「JNFサプリメントアドバイザー認定講座」は完全通信教育で、申込みから認定まで、すべて郵送で行われますので、仕事や学校、家事をしながらでも学習することができます。

週に2〜3時間の学習時間で、標準学習期間は6ヶ月と無理のないカリキュラムが組まれています。全ての課題に合格すると、サプリメントの正しい摂取方法をアドバイスできる「サプリメントアドバイザー」として米国INSFと日本ニュートリション協会から正式に認定・登録されます。

また、会員になると、専門スタッフによる就・転職の支援が受けられたり、希望により米国視察研修(旅費別途)や米国の教育機関における留学のサポート(旅費別途)なども受けられます。



〔サプリメントアドバイザーの通信講座はこちらから〕

日本ニュートリション協会の「JNFサプリメントアドバイザー認定講座」は、次の公式サイトから無料の資料請求ができます。