社会保険労務士の魅力

社会保険労務士は、多様化する企業形態の中で有資格者が不足している事もあり、ますますニーズの高まっている国家資格です。また、近年では女性の受験者も増加しています。

社会保険労務士の業務は、人事や労務のコンサルティング、労働社会保険手続きの代行、年金相談などで、扱う法規は53種類です。特に保険や年金の書類作成・提出業務は社会保険労務士の独占業務となっています。

社会保険労務士として一般企業で働く場合は、人事やや労務関連の仕事になります。

また、全国社会保険労務士連合会に登録して、独立開業をする事ができます。


事務所を開設するにあたって特別な設備投資は必要としませんので、開業しやすいというのも大きなメリットです。



開業後の顧客は中小企業が主になります。報酬の内訳は顧問報酬、手続報酬、労務管理報酬などがありますが、このうち顧問報酬が報酬の多くを占めるため、顧問契約会社が一社増えるごとに、毎月の固定収入も増えて行きます。
開業社会保険労務士の年収は500〜600万円が平均ですが、これより少ない方も、また1000万円以上の方もいます。収入を大きく増やせるかどうかは、本人の実力と努力次第と言えます。


社会保険労務士の通信講座

社会保険労務士の資格試験は、試験範囲が広いため、独学ではなかなか難しいというのが現状です。また、今後ますます難しくなる傾向にあるため、社会保険労務士を目指す方は、早めの資格取得をおすすめします。



〔ユーキャンの社会保険労務士・通信講座〕

独学では、難しいと言われている社会保険労務士の資格試験ですが、ユーキャンの通信講座ならポイントを抑えた教材セットで、マイペースで無理なく学ぶ事ができます。テキストは図表やイラストが豊富に使用され、初めて学ぶ方にも理解しやすい構成になっています。標準学習期間は7ヶ月となっていますが、受講開始から試験日まで標準学習期間に満たない場合は、翌年の試験日まで指導してもらう事ができます。

教材セットの中には、過去6年分の試験問題の全てが収録されたものが2冊含まれており、これを解くだけでもかなりの実践力が養えます。

また、この社会保険労務士の通信講座は、教育訓練給付制度指定講座になっています。

◆「総合資格ナビ」からは、ユーキャンや、その他の講座の無料案内資料を請求することができます。




通信教育で大学卒業の資格を取得してみませんか?産業能率大学(通信教育課程)では、18歳から60歳までの社会人の方がたくさん学んでいます。詳しくはこちらからどうぞ。


>>産業能率大学 通信教育で大学を卒業