宅地建物取引主任者の魅力

宅地建物取引主任者は、略して「宅建」とも呼ばれていますが、宅地建物など不動産関係の公正な取引が行われることを目的として創設された国土交通省管轄の国家資格です。

最近、この宅地建物取引主任者の資格は、女性にも人気が出てきましたが、それは国家資格の中でも比較的取得が容易であるというのが、ひとつの理由です。
宅地建物取引主任者は3ヶ月〜6ヶ月程度の勉強期間で取得可能であり、また合格率も10年以上15%前後で推移しています。


そのため、宅地建物取引主任者の国家資格は子育てをしながら、または家事の合間での勉強でも充分に取得可能です。


宅地建物取引主任者の業務は主に不動産物件の紹介、確認、売却、調査、売買契約の締結などですが、不動産業界では事業所ごとに社員5人に1人の割合で専任の宅建主任者を置くことが義務づけられています。

そのため、就職にも有利ですが、女性が宅建業で独立・開業を目指す場合は、不動産業界や住宅メーカーなどの仕事でキャリアを積み、その間に少しづつ準備を整えて行くという方法が比較的スムーズに事業を軌道にのせる事ができます。

宅建業として独立・開業するには、宅建業法により独立した事務所や店舗が必要であると定められているため、事務所を建てたり、店舗やテナントを賃貸するなどの初期投資が必要になるからです。
資格取得後、開業するには、都道府県知事、または国土交通大臣から「宅地建物取引業」の免許の交付が必要なので、申請を行いましょう。

宅地建物取引主任者の通信講座

宅地建物取引主任者の試験は、民法から宅建業法、建築基準法など、非常に範囲が広いのが特徴ですが、記述や論文のない4肢択一式のマークシート方式で行われます。合格ラインは約7割なので、50問中35点正解すれば合格となります。宅地建物取引主任者の国家資格は、通信講座で学んでも、他の資格に比べ短期間で合格が狙えます。



〔ユーキャンの宅地建物取引主任者・通信講座〕

ユーキャンの宅地建物取引主任者の通信講座では、確実に得点が狙えるポイントを無理なく、効率よく学習する事ができます。テキストは、難解な法律用語は図表やイラストを用いて分かりやすく解説されていますので、初学者にも理解しやすくなっています。また、内容は宅建試験を知り尽くした講師陣が試験に出るところだけを厳選していますので、実践力が確実に身につきます。


◆「総合資格ナビ」からは、ユーキャンや、その他の講座の無料案内資料を請求することができます。