ちりめん細工の魅力

ちりめん細工は、江戸時代からの歴史をもつ伝統手芸で、日本独特のものです。近年の「和」のブームとともにますます人気が高まっています。
ちりめん(縮緬)とは細かな「しぼ」のある絹織物で、江戸時代から現代に至るまで日本の着物の素材として愛好されてきました。そのちりめんの残り布を縫い合せて、花や人形を作ったり、巾着やその他の実用品を作るのが「ちりめん細工」です。


最初は江戸時代の後半に裕福な階層の女性たちの手から生まれたものだけに、上品なやさしさと温もりにあふれているのが「ちりめん細工」の魅力です。
また、ちりめん布のさまざまな色や柄に触れることにより、日本古来の美的感覚をみがき、ものを大切にする心まで養われます。


ちりめん細工は、「和」の好きな方、手先を動かすのが好きな方にぴったりの趣味と言えます。


日本の伝統的な手芸である「ちりめん細工」は、簡単なものなら本を購入してそれを見ながら作ることもできますが、 本格的に習得してみたい方には、通信講座がおすすめです。

ちりめん細工の通信講座

ユーキャンの「ちりめん細工」の通信講座では、10作品を作ることができますが、すべて実物大の型紙と必要な材料や用具がセットになっていますので、テキストを見ながらすぐに始めることができます。
テキストは初心者にもわかりやすく、カラー写真やイラストを使用して1過程ずつ細かく説明されています。

ユーキャンの「ちりめん細工」通信講座は、公式サイトから無料資料請求できます。





◆がくぶんでは、手作り・アートを楽しむ通信講座や、趣味を楽しむ通信講座が多数開講されています。





こちらのサイトも参考にしてみてください。

★趣味で楽しむ!技能を身に付ける!役立つ通信教育講座がいっぱい!