調剤薬局事務の魅力

「調剤薬局事務」の通信講座は、最近特に人気が出てきています。


数年前より、国の医薬分業政策が進められた結果、病院の外で薬の処方を行なう調剤薬局の数が増加しています。
このような調剤薬局では、処方箋を元に薬剤師が薬の処方を行いますが、その薬剤師の仕事をサポートするのが、調剤薬局事務の仕事です。

具体的には、調剤薬局での受付や会計業務、薬歴管理や薬品の在庫管理、薬剤師の調剤補助、調剤報酬明細書(レセプト)の作成なども行います。


調剤薬局事務の仕事は全国どこにでもあり、正規職員やパートなどの求人も豊富で、特に女性に人気の職種となっています。


また、調剤薬局事務のスキルは比較的短期間に身につける事ができ、転職や再就職にも有利です。


調剤薬局事務でキャリアアップを目指すなら、2002年から調剤報酬請求専門士検定協会が行っている「調剤報酬請求事務専門士検定試験」にチャレンジしてみましょう。この検定試験は国内最初の全国統一試験ですが、国の機関によって認可され、履歴書に記載できる調剤報酬請求事務最高レベルの検定試験です。

1級・2級・3級の3ランクがありますが、受験資格の制限はありませんので、誰でも受験する事ができます。


調剤薬局事務の通信講座

調剤薬局事務の仕事は、細かい計算が得意な女性の方に向いています。
通信講座では、仕事や家事の合間などを利用して、マイペースで学ぶ事ができます。また、調剤薬局事務のスキルは、比較的短期間にマスターする事ができ、通信講座の修了証があるだけでも、就職活動に役立てる事ができます。


〔がくぶんの調剤薬局事務・通信講座〕

がくぶんの調剤薬局事務通信講座では、保険調剤や医療保障制度の仕組み、調剤報酬の算定の仕方や調剤報酬明細書(レセプト)の作成方法をステップアップ方式で学んで行きます。わからないことがあった場合は郵便やFAXでいつでも質問できるので、安心して受講する事ができます。

がくぶんの「調剤薬局事務・通信講座」は、下記サイトから詳しい案内資料(無料)を取り寄せることができます。


>>調剤薬局事務講座





◆「シカトル」は、介護・福祉・医療専門の資格情報サイトです。 調剤薬局事務講座のほか、複数のスクールの講座案内を無料で一括資料請求することができます。