webデザインの魅力

現在は、さまざまな企業やお店で、インターネットを利用した広告活動や情報発信をしています。そのためのホームページを作る人を「webデザイナー」または、「webクリエーター」とか「ホームページデザイナー」などと言います。


しかし、ホームページを作れる人が圧倒的に不足しているため、webデザインができれば転職や再就職にも有利になります。また、在宅ワークで働いたり、営業力のある女性の方は、フリーで活躍する事もできます。


パソコンやイラスト、デザインなどに興味があり、ホームページを作れるようになりたいという方には、「webデザイン」の通信講座がおすすめです。

webデザイナーになるためには、特に資格は必要ではありませんので、独学で学ぶ事も可能です。しかし、HTMLやCSSといった言語を理解し、画像処理やロゴの作成、Flashアニメーションや動画の作成など、魅力的なホームページを作るには、膨大な知識と高度な技術が必要とされるため、スクールや通信講座などで基礎からしっかり学ぶほうが早道となります。

スクールの場合は、学費も高めですが、通信講座なら格安で受講でき、自分の自由な時間に学ぶ事ができます。

webデザイナーの収入は、技術職でもあるため、一般の事務職よりは高めのところが多くなっています。しかしまた残業の多い職業でもあり、気力や体力も必要です。

独立した場合、1千万円以上の年収を稼ぐ人もいますが、webデザインの世界は各個人のデザインセンスと能力次第で収入に大きな差が出る、実力主義の世界でもあると言えます。


webデザインの通信講座案内

webデザインは、かなりの知識や技術が必要となりますので、基礎からしっかりと学べるところを選びましょう。また、サポート体制が整っているところで学べば、上達も早くなります。


〔webデザインの通信講座〕

「総合資格ナビ」からは、webデザインほか、各種web関連資格の通信講座案内資料(無料)を取り寄せることができます。